家屋・構造物解体工事 株式会社金山 
掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は60日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2012年02月12日
冬は新酒のシーズンです
佐久平駅

1月末と2月初めは寒さと雪で一番寒い季節ですね(先日はNHK気象情報でマイナス14度)
2度目の雪が1月20日にも降ったので、まるで雪国かもと思わせましたが、その後雨も降って今は庭にも土が見えている状態です。今年は長野市辺りから北は結構雪が来てますね。上田でも結構雪がということで今年は雪の多いシーズンかな
佐久平駅越しに見える浅間山も白くお化粧状態

今はどうしても新酒のシーズンということもあり、お酒の記事が先頭に
佐久平には酒蔵が10件以上もあります。(因みに出身地の神奈川県で1ケタです)

アニメ酒
新潟のアニメをイメージキャラにしている「ふじの井」さん
高橋留美子先生の名作【 めぞん一刻 】
蛇の目が欲しくて去年5月頃、酒蔵さんまで行って来ましたが、当時は「そんなものはありません」の冷たい対応で、残念だったところです(以前のブログに記載)。これはたまたま立ち寄った、新潟市「ふるさと村」に土産として出ていたお酒のセットに含まれていたものです。
特別企画品としてネットにも出ていましたが………
アニメじゃお酒をおいしくできないよという個人的な感覚でミニボトルを飲んでみると「意外に普通じゃん」という内容でした。原酒も欲しいところですね。


関西から
久々に、西宮と京都に行って来ましたので2酒
灘のお酒は、またまた「白鹿」になりますが
白鹿原酒
今年の吟醸生原酒です。大手酒蔵さんのお酒はいつもながら癖もなくて飲みやすいですね
そうそう、最近は夫婦で年寄りの健康志向にハマっていて、酒粕に凝っています
自分自身はそのまま食べてしまいますが、奥様は何かと料理の材料に活用しています
ここでも、酒粕購入したので、帰りの車の中は日本酒の良い匂いです。
購入は白鹿のアンテナショップで買うのですが、以前は地元ということもあり、気にならなかったことが。今、行ってみると結構良い土産物屋さんですし、隣接レストランもなかなかオシャレで価格もリーズナブルかな
一応お勧めです(白鹿クラッシックス)

京都は数少ない市内の酒蔵さんから
「松居酒造」享保11(1726)年創業、京の銘酒 『神蔵 KAGURA』『京千歳』『富士千歳』『金瓢』 醸造元ですと紹介されています。それでも市内ということもあり、ビルの1Fが酒蔵さんです。
京都松井酒造
お酒はやっぱり「しぼりたて」を購入。もちろんおいしかったですし、観光地なので高いかな?と思いましたが、我が佐久平の酒蔵さんと変わらず良心的と思ったのでした。
酒粕はというと、ここのは大変クリーミーですね(珍しい)
そのままでいただいて大変美味しいです。

お酒の記事が続いてしまいますが
佐久平では最南端にある「黒沢酒造」のショップから
着いてみると駐車場は意外と混んでいます(後術)。日本酒好きが結構いるので混んでいるのだなと大いに納得。
でも、お店の中へは、我夫婦だけ
「しぼりたて」のシーズンなので、気にせず迷わず冷蔵コーナーへ
黒沢冷蔵庫
黒沢カウンター

なのでしたが、お店の方に「百姓物語」無濾過原酒が限定で・・・と言われて即交換
お猪口も漸く単品売りされていましたので早速GET
これで、佐久平分は、どうしても無い、ところ以外は揃ったかな
箱を解いて勢揃いさせて写真撮影を企画しなければね
黒沢お酒

そうそう、試飲も多少お願いしていただいて来ましたよ
芋焼酎もどうですか?ということで(飲)
芋の匂いなのですが、味は日本酒と同じトレンドで、らしさが出ていますね
3月8日以後に火入れ前の原酒が発売ということなので、今シーズンは再度訪問予定です
酒粕も最近は同時購入ですが、ここのモノはツルヤさんでも出ている時期がありますので、味と状態も分かるので安心して1kg購入
途中、奥様とお店の方(お上さんですか?)は酒粕の活用料理で盛り上がって我は蚊帳の外
酒では無いのですが、ここのショップに絹のスカーフの草木染めがあって値段もリーズナブルということで、奥様が大変気に入っておりました。次回買いそうです。
町おこし名物ということで、隣接の喫茶コーナー「Deli蔵」で「粕汁味噌ラーメン」を出していますよと紹介いただきました。丁寧なパンフレットも出来ていてテレビにも紹介されていたということで、これが駐車場の混んでいた理由と納得
折角お薦めいただき、食べて行っても良かったのですが、折角信州在住になったので、「蕎麦をよく」とお話すると、どこが良いですかという会話となり何件かお薦めを説明しつつ失礼しました。機会があれば「Deli蔵」食してみようかと…

折角なので
良く行く芦田宿の蕎麦屋さん

芦田宿蕎麦

蕎麦屋 看板

自家を利用して蕎麦屋をやっているお店が信州には結構ありますが、ここも自家構えの蕎麦屋さんです。観光気分の無いところが本当に良いです
店の中も結構落ち着いていて居心地も良いですよ
(蕎麦やガイドにも大きく出てない)
それでは
次回は春の訪れを書けそうかな


[ 投稿者:新佐久人 at 18:17 | 感想 | コメント(0) | トラックバック(0) ]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/a00042/0000000211.trackback

この記事の固定URL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/archives/0000000211.html

記事へのコメント
 
認証コード:  →画像が読み難い場合はこちら
画像に表示されるコードを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント: