家屋・構造物解体工事 株式会社金山 
掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年05月24日
「春は山菜の?ですね」

山菜

などとよく知っている如くなフレーズが出ていますが
長野県在住となるまでは「山菜」など全く関心がありませんでした
知らなかったというのが正しいかな
生まれ育った横須賀も子供の頃は田舎で、その類の話も耳にしていたかと思うのですが、
少年は関心無かったのですね
今信州在住のオジサンは春の楽しみに
いつものお蕎麦屋さんで
「そろそろタラの芽は終わりになるけど」とこしあぶら等々が入った天ぷらで春を充填


佐久平に新規お勧めのお店が
望月なので、新幹線駅からは遠くなりますが
チーズ屋さん(2016年12月に開店したらしい)
中込のレストランでいただいたケーキに入っていたチーズが美味しくて
「これどうしたの?」と尋ねたところ、ここのお店の情報を教えてもらいました
佐久平から南に走ること暫し

チーズ屋さん風景

道の左側にありました
駐車場は4台くらい止まれるかな(木片が撒いてある)
中は

チーズ屋さん中

綺麗に並べられたショーケースが
H自動車の技術者だった店長さんが、良い牛乳が手に入るこの地にチーズ工房を開いて始めたという経緯ということだそうです。
テレビ番組に出そうな話ですね
2種類ほど購入して
今日の晩酌のアテに
牛乳の味がする。辛口のお酒に合います。
他の種類も次回購入しなければ
特に、黒澤酒造さんの酵母を使ったものもあるので……
たまたま、4月はその酒蔵解放に行ってきたばかりだったのです

-------------------------------------------------

黒澤酒造さん酒蔵開き

黒沢 てっつちゃんへ 八千穂駅

先月の御園竹さんと異なり
小海線で
これなら充実した参加内容が期待出来ます
八千穂駅では去年と同様、ぞろぞろと降りる人人人(大袈裟か(笑))
まさか、皆さん蔵開き?(今年も)

黒沢 続々と入る

皆さんと一緒に突入!
岩村田駅から一緒に乗車した2組の夫婦連れも我ら夫婦と同様の目的地でありました

お猪口を購入して
杜氏のNさんと記念撮影しつつ有力情報をいただいて
そしてお勧め生酛をいただいて(酸味が強いのが特徴)
何故か焼酎もお勧めされたのですが、ただでさえ味が分からなくなる方なので、今日はお酒に専念しますとお話しして

黒沢 何と焼酎が

この後は試飲巡る巡る。です。

黒沢 蔵開きらしく

非売品で生酛純米大吟醸
興味津々試したはずなのですが、覚えておりません
多種飲みすぎたからですね
酒の陣でも活用する「メモ」を改めて使わないと。反省

黒沢 今年もずらり

今年も「雪中の井筒長」と「当日限定原酒」を購入してご機嫌
雪中は後程出てくる親戚宅への土産にします

黒沢 量り売りと定番酒で

そうそう
蔵開き参加者には漏れなくくじ引きがあります
この日は、暫く前に「3等賞が出た」と鐘の音を聞きつつも並んでいる皆さんは概ね赤玉6等賞という風景を横目で見ていたものですから
飲むのが忙しい当方は
奥様に「代わりにやっておいて」と

ガラガラ
黄色の汚れた玉が出てきた(らしい)
周りがシーン
何だ?
鐘も鳴らない
皆びっくりの1等賞が出てしまった瞬間でした
大吟醸の1升ビンをいただいて
追っかけて鐘も鳴らしていただいて記念撮影(左の酒造さんカメラから)

黒沢 福引 特等

大きなお土産が一つ増えた黒澤酒造さんの蔵開きでした
翌日の千曲錦さんの蔵開きには普段着の黒澤さんが来られていましたので
「ありがとう」とのご挨拶となりました

連日の酒蔵開き
千曲錦さんへ
ここも奥様に加えて酒を飲まない次男に車で送らせて
奥様には蕎麦への期待が大の蔵開となります

千曲錦 2013利き酒&県観光大使のYさん

2013年利き酒チャンピオンのYさんとバッタリ
県の観光大使も務めていて、今度NHKの昼前に番組も持つそうで
サラリーマンは全く縁の無い時間帯ですが、奥様は「XXXだね」と話しておりました。
夏はJRのキャンペーンで佐久平の酒蔵めぐり企画もあるらしいと話してくれました
利き酒コーナーに一緒に行こうと誘われましたが、
太刀打ちにならずメッタ打ちになる勝負に気が引けておとなしく試飲コーナーへ
(Yさんは自分ブランドの利き酒用猪口持参の状態です)
蔵の外では御園竹さんの蔵開き(前回ブログ参照)にも登場した「蕎麦ガキ隊」の面々が営業を行っていて
蕎麦(今回は、もり)を食しつつお酒を飲んで
これ、最高ですね
一緒に行った次男は屋台の焼き鳥を食べつつ、「あまり美味く無かった」と
次男は酒をほとんど飲まないので酒のアテが分かるのかなと思う瞬間です

千曲錦 蕎麦

蔵に入ってS杜氏さんを探して
杜氏Sさんと記念撮影
そう言えば同じ町内会だったかな

千曲錦 S杜氏と

杜氏Sさんのお話と前述Yさんのお勧めを飲みつつ
S杜氏お勧め限定ラベルも
もちろんGET

千曲錦 S杜氏のおすすめ

お勧めを2種類購入して
家に帰って翌週開栓(在庫多数状態なので)
「旨い」
幸せな蔵開き続きの4月でした
これから秋までは日本酒受難の季節となります

千曲錦 今年はお勧め2品

珍しいラベルでしょ

------------------------------------------------------------


酒を持って
久々に横浜の親戚宅へ
「お酒を一緒に飲まないか」という企画で
20年ぶりでしょうか
市営地下鉄からの道順がうろ覚えで
スマホを手に歩く始末
景色も大分変っていて、昔ここは急斜面(崖)と思っていたところに
住宅が雛壇となった造成地があり家がたくさん建っています
実はこれ親戚の裏手(表)
昔、うっそうと茂っていた木が無くなって
YMMまで見通しが



ちょっと横浜昼



ちょっと横浜に

持参した雪中酒を飲みながら
横浜高島屋で午前中購入してきたという名古屋のお酒(酒蔵の営業マンが来て説明も受けたそうで)を
差し置いてウンチクの多い黒澤のお酒をまず開けて
ウンチクを語りつつ昼から夜まで飲んだ横浜でした

-----------------------------------------------------------

近況
4月は中旬に珍しく雪が舞って

春、でも雪 415

浅間山が一時白く
去年より暖かくなるのが遅いかな
煙も白く出ているし(これは季節と関係ない)
でも、いつも通りかな

こんな中で
庭の畑にはいつもの奴が一番乗り
アスパラ

今年の畑のいちばん乗りは

行者ニンニクも出てきて

今年の二番手

お酒のシーズンに暫し別れを告げて
「庭の畑に専念するぞ」の季節が迎えてくれます
今年は隣家も家庭菜園コーナーの面積を拡張
子供さんが熱心に面等を見ています

こちらも子供に負けないように頑張ろう
ジャガイモとタマネギを倍増して栽培していることから夏野菜のスペースが狭くなっているので工夫が必要そう。
パズルの様な庭づくになります。
リンゴとプルーンも花がきっちり咲いて蜂も来てくれて
実付きは順当の様です
去年は元気の無かったブルーベリーも食卓に出る分位はあるかな

次回は酒の話題とは距離が遠くなる予定です


[ 投稿者:新佐久人 at 23:06 | 感想 | コメント(0) | トラックバック(0) ]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/a00042/0000000349.trackback

この記事の固定URL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/archives/0000000349.html

記事へのコメント
 
認証コード:  →画像が読み難い場合はこちら
画像に表示されるコードを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント: