家屋・構造物解体工事 株式会社金山 
掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年12月10日
2017新酒

DSC03245

佐久の風景ではありませが、ブルグの後ろは恒例の「新酒」です



島根県安来にある足立美術館の風景
庭で有名らしい
絵葉書と違って台風が来ている中
旅行スケジュールの都合上仕方なく(8泊予定)
お陰でバックの景色は絵葉書にはとても写ることは無いだろうという曇り空(風も凄い)
中国地方へは酒蔵巡りでは初進出



本当は田舎の津和野方面へ旅と兼ねての話ですが
旅の友が酒蔵巡りになるのは仕方無いことです
それにしてもこの美術館
凄い雨で風の中なのに
凄い人ですね
庭が相当な名物?
完璧に観光コースなのだね
そういう我が家も館内で昼食までして長居
限定ビーフシチュー
食べている最中に、隣の席の方の注文では
「今日は終了です」と言われていて
思わずお得感に高揚
これも演出と思うと大事なことかもしれません

DSC03251


館内で名物土産を購入等々
有名な羊羹?ではないですが、似ています

DSC03249

ハハハ
ありふれた観光客となってしまいました

そして期待していた酒蔵さんへ
今回の目的はかの有名な広島西条が目的ですが
その他用事も多いので、西条を巡るのは明後日で
今日は島根県東部ということで、ここは行っておこうというのが
竹下元総理大臣のご実家であるという酒蔵へ

DSC03252

特別飾り立てしてないじゃん
という外観で(総理記念館は別棟にありました)
中に入ると

DSC03254

大きなカウンターを持つショップが
立派です
ご親戚の方と記念写真もお願いして
9月末頃には芸能夫婦の甥っ子が来たという写真を見せていただいて
甥っ子さんの奥様は普段着でも本当に美人なのですね

DSC03338

「地元ではこんな味のものを作ってといわれた酒ですが」と
説明されたこの町の風景に確かに不似合いな横文字だらけのお酒と
写真付きお酒(無もある)をいただいて
もちろん、お猪口も購入ですが
「今風じゃん」というのが前者
後者は古風な感じです

さらにその後津和野に
2蔵あるのは知っていたのですが移動の都合上省いて
宿泊のホテルで津和野のお酒を
その後さらに移動して
夜は初めてとなる島根県第二の都市
浜田へ

DSC03266

なかなか個性的で良いお店に巡り合って
カウンターで
島根のお酒をいただいて

DSC03269

奥様の左隣に座るスキンヘッドのおじさんは私ではありません(笑)
酒のみ人の気安さで
居合わせた方と語らい過ごす居酒屋の図です。
昔の職業を生かして色々事業を立ち上げて、今は江津でホテル経営なんだよ、奥様は今パチンコ中で飲んで待っているのだよと
左の腕には金色のROLEXがお定まりに
こんな一期一会も旅の楽しみでしょうか

DSC03268

メニューはこんな
お店は駅前を出てきて左に曲がってすぐ位
このブログは「食べログ」ではないので、コメントはここまでです

---------------------------------------------------
西条へ
DSC03272

西条へ来る前に
奥様がどーしても行くぞと張り切っていた
熊野筆の里へ寄って
逸品を迷いつつも選んで
筆ゲットが終わって
広島の酒の里と言われる西条に初登場
この町には駅から歩ける範囲に7蔵もあります
佐久平も13蔵ありますが、歩いてはちょっとということを考えると羨ましいロケーションですね
今晩はこの町に宿泊
ホテルも綺麗で駅前で便利ですね

DSC03273

喫茶店で巡りマップを広げて計画立案
そして突撃
この後は、美味しそうな写真が続きます

DSC03277

DSC03282

DSC03291

DSC03295

DSC03293


1日目午後遅めに到着して頑張って6蔵(忙しい)
残1蔵は夕方16時終了が多いといいうこの土地の情報を知らず
残念、閉まっておりました
ここは翌日に残しておこう
夜は

DSC03298

とある酒蔵さんの直営レストランへ
ここの名物は
「酒鍋」

DSC03305

300mlビンをまるまる入れて水は入れません
写真では分かり難いですが、醤油を入れているのではありません

DSC03310


平日なのに結構な混み具合
美味しかったですよ

翌日は
残っていた1蔵に

DSC03313

これで、西条7蔵を制覇
西条は卒業して新たな目標が出来た訳です(三原?)
お猪口はぐい飲みセット以外では売らぬといわれて一蔵分諦めました

DSC03337


奥様への恩返し
兵庫県三田市(さんだ)と読みます、東京の人はもちろん「みた」と読むかなぁ
ここはバブル時代に作られた大阪への通勤者も多いサラリーマンの新興住宅街で
大阪勤務時に会社の先輩もここら辺りに住んでいたはずで
確かに来たことある風景だぞ、うーん、住所がとっても近い
有名なお菓子屋さん(有名なパティシエが居る)に行きたいということで
いつものディーラーさんでマイカーの点検をお願いしている最中、これまた珍しいグリーンメタリック塗装の目立つ代車で乗り付ける
近くに来ると何故か警備員が平日というのにいっぱい
何?
凄い人と車の数です

DSC03317

知らなかったですが、店は一軒ではなく、それぞれの分野別に店を建てている一大お菓子店タウンになっていて、「凄い」の一言です

この人の店ということで
著書が販売されていました

DSC03320

期待のチョコレートショップへ

DSC03319

贅沢な作りで綺麗
チョコレートの値段も綺麗で唸る
他の店も覗いてみよう

「喫茶店は2時間待ち」ということで諦めて
マカロンショップ、ジャムショップ、和菓子、そして焼き上がり待ちの行列パン屋さんと

DSC03322

DSC03323

そしてパン屋エリア

DSC03325

他にもありましたが、ここは冒頭に話した住宅街で、おまけに以前伺った会社の先輩宅に近い
「辺鄙な所に越しました」といただいたところでしたが、今は本当に凄い所です

関西人の力強さを感じた三田市のお菓子屋さんでした

マイカーの点検も終えて
長野へ戻りつつ
毎度立ち寄った京都
相変わらず宿の値段が上がったのと予約しづらいのは相変わらずです

馴染みの居酒屋になりつつある「S店」へ
小皿セットを選べるようになっていました
おまけに、好きに選んで良いといわれて
これ

DSC03326

チーズとくぎ煮のやつ好きなのだよね

もちろん
ここお酒のレパートリーが優れモノで

DSC03327

機嫌よくいただいて
夜の京都をボチボチホテルへ帰る

DSC03336

-------------------------------------------------
そして、佐久平へ帰って

T産業が経営するチーズ工場(珍しい)がある
どうもいつも行くスーパーに近いらしいということで
スーパーの裏でした

DSC03343

入り口がスーパーの駐車場裏側
こちらが表と言われるかもしれませんが、会社の事務所
ここにカウンターとショーケースが並べられていて

DSC03340

ウーン
安い

夜のツマミにと思い
ホイホイと籠に入れて
「XX円になります」
安かったですね
健康維持の為、酒のツマミの為に食するチーズ
たまには来なければならない店ですね

岩村田えびす講
今年も奥様が楽しみにしていた「打ち立て蕎麦」をいただきに

DSC03349

そばガキ隊の面々とも久々です
新潟単身の終わりも見えてきたので、そろそろ蕎麦打ち道場に参加を考えないといけないかもしれません

リンゴの季節、雪の季節

DSC03351

道の駅七色畑で家庭向けふじリンゴの入荷が始まって
これで十分

11月末に浅間山は雪を被って
そろそろ冬準備ですね
氷点下の朝も増えてきて
そして新酒突入へ

DSC03353

恒例の新酒披露の会へ
今年は次男も参加して、1年ぶりのご友人ともお互い元気なのを確かめ合って

DSC03360

今年はケーブルテレビの取材が熱心で

DSC03363

いつもの神主さんと乾杯して
新海三社神社へ初詣と神楽も行きますよと話しつつ
酒の新年を祝うと同時に
ありがたくいただけることをお許し下さる1年間を祈願します

DSC03364

グラスで乾杯の連続

DSC03367

今年は次男(あまり飲めない)も参加して
記念酒と限定酒を2セットGETしてニンマリ

次回のブログはもう2018年に突入
多少ハプニングのあった2017でしたが…
酒蔵開き参加をスタートにして
来年も美味しいお酒が飲みたーいです。


[ 投稿者:新佐久人 at 23:30 | 感想 | コメント(0) | トラックバック(0) ]
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/a00042/0000000359.trackback

この記事の固定URL
http://saku.ctv-blog.jp/u/sakujin/archives/0000000359.html

記事へのコメント
 
認証コード:  →画像が読み難い場合はこちら
画像に表示されるコードを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント: